古来の蒔絵と石蒔絵

 蒔絵とは、奈良時代に日本で考案された、「漆」と「金粉」などを使って漆器や調度品に文様を施す漆工技術で、この美しい国の歴史と文化に育まれた日本独自の雅な技法です。
「蒔絵」の原理は、糊で絵を描いて色の付いた砂を蒔く「砂絵」と同じで、糊の代わりに「漆」で文様を描き、色砂の代わりに「金粉」などを蒔き付けて文様を現します。
 また螺鈿細工とは日本の美意識と技術に磨きをかけて、天然貝の貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分をひとつひとつ薄く削り、文様のかたちに切り、漆地に嵌め込む手法です。それぞれの工程で、「堅め」「研ぎ」「磨き」といった大変な手間と緊張感を要する作業を繰り返して仕上げます。その技法で能登の自然石に蒔絵を施した数々の作品が誕生しました。

 私共がこの石蒔絵に初めて巡りあったのは平成22年春の東京日比谷での石川県物産展でした。「石に蒔絵を施す」との独創的な発想と技術の精緻さに大いなる感動を覚えました。 その後、蒔絵の技術を能登の石に施した作品に魅せられて、石川県羽咋市(はくいし)の作家を訪ねました。その折の作家の作品づくりの真摯の姿勢と、日本でただ一人の作家の気の遠くなる作業を身近かにして、これらの作品を世に広めたいものと強く思い立ちました。         
                    能登の千里浜(ちりはま)海岸にて作家と

作品


Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com